サッガミラン侯爵サッガミラン侯爵

コンドーム着けていても、妊娠する場合があるのはご存知でしょうか?

コンドームを着けていても妊娠する原因

コンドーム着けてても妊娠する

「避妊のために着けているのに、なぜ妊娠!?」

コンドームを着けているにも関わらず、妊娠してしまうということはあり得るんです。妊娠してしまう原因の多くは、「コンドームを正しく使っていない」場合です。どのような使い方が妊娠に繋がってしまうのか?見ていきましょう。

コンドームが破れていた

コンドームに細かな傷や破損がある場合、当然ですが精子が流れ出て妊娠する可能性があります。最近は少ないかもしれませんが、コンドームを財布の中などに入れっぱなしにしていた場合、包装が破れることがあるんです。

また、揮発性物質(タンスの防虫剤など)のそばに置いておくとゴムが劣化してしまうので、使用中に破れてしまう可能性も高くなります。


射精後もしばらく挿入したままだった

射精後のまったりした空気が好きな人もいるでしょう。
しかし、射精後しばらくするとペニスが萎えるなどが原因で、コンドームから精子が漏れやすくなってしまいます。

射精が終わったら速やかにペニスを抜き、コンドームを外しておけば妊娠する可能性は激減するでしょう。できれば、精子が漏れないようにコンドームの口を縛っておくとよりスマートです。


コンドームのサイズが合っていなかった

現在、コンドームは様々なサイズが販売されています。厚さもそうですが、ペニスの太さや長さが出ています。にもかかわらず「コンドームなんてどれでも良いでしょ」という男性も少なくありません。

自分のペニスのサイズよりも大きなサイズのコンドームだと、行為中に外れたり射精している時に精子が漏れるかもしれませんし、小さなサイズのコンドームだと、ピストン運動をしている間に破れるかもしれません。

自分のペニスに合わせたコンドームを選ぶことは、パートナーを妊娠させないためにも大切なことです。


まとめ


海外の統計によると、コンドームを「正しい使い方」で利用した場合の避妊率は98%と報告されています。100%妊娠を防げる訳ではありませんが、正しい使い方をすれば高確率で避妊することができます。

1:自分のペニスに合ったコンドームを選ぶ
2:使う前に傷や破れの確認
3:射精後は速やかにペニスを抜いてコンドームを外す

上記以外にも、コンドームを着けるタイミングが重要です。ナマで挿入して射精しそうになったら一旦抜いて、コンドームを着けてから挿入して射精、という人もいますが間違いです。

性的興奮が高まった時にペニスから出るカウパー液、いわゆる「我慢汁」ですが、これにも精子は含まれているんです。当然、射精していないからといって、ナマで挿入すると妊娠する可能性が高くなります。なので、

4:射精前ではなく挿入前にコンドームを着ける

というポイントも付け加えておきましょう。この4つを頭の片隅に置きながらセックスに望めば、「コンドームを着けているのに妊娠した…」という結果はかなりの確率で回避できるでしょう。