マスタベルグ男爵マスタベルグ男爵

「オナニーは週に何回くらいが良いのか?オナニーのやり過ぎは身体に悪いのか?そんな疑問に答えるぞ」/p>

オナニーをやり過ぎるとどうなる?


我々「円卓のD」メンバーには無類のオナニー好きが集まっているが、以前「オナニーをやり過ぎるとどうなるんだ?」という話題
で盛り上がったことがある。


「オナ禁」なんて言葉もあるくらいだから、やり過ぎるのも良くないイメージがあるが実際はどうなのか?我々が話していた時に出た、オナニーをやり過ぎるとどうなるか?についての意見はこんな感じだった。

  • 髪が薄くなる
  • 吹き出物が増える
  • 遅漏になる可能性が高い

この意見を更に調べてみると、この中でも信憑性が高いものと単なる噂程度のものがあった。一つずつ見てみよう。


オナニーのやり過ぎで髪が薄くなる?


オナニーのやり過ぎで髪が薄くなると言っていたのはグスタフ(ダッドゥーティ伯爵)だったな…。
確かに彼はオナニー大好きで髪が薄いが、だからといって「オナニーやり過ぎ=髪が薄くなる」というのは早計のようだ。


髪が薄くなるという意見の根拠は、オナニーで男性ホルモンが増加して、男性ホルモンの一つである「ジヒドロテストステロン(DHT)」が毛母細胞の成長を阻害することが原因という話なのだが、実はオナニーとジヒドロテストステロンが増加することに直接関係があるかについてはまだ確かな情報はない。


オナニーをすることで分泌されるホルモンはあるが、それはストレス緩和などのメリットがある「オキシトシン」や男性の生殖機能(勃起、性欲、精子)を正常に保つ「テストストロン」などであって、ジヒドロテストステロンではないのでオナニーをやりすぎるとハゲるというのは正しい情報とは言えないようだ。


オナニーのやり過ぎで吹き出物が増える?


オナニーのやり過ぎで吹き出物(ニキビ)が増えると言った者もいた。これも、調べてみたが根拠になる情報が乏しいので、我々としては直接的な原因とは言えないという結論だ。


1日に3回はするというメンバーもいるが、彼は「20歳を過ぎてからほぼ毎日オナニーをしてるが、吹き出物(ニキビ)は出来たことがない」と言っていた。
精子には、肌の再生や体組織作りに必要な栄養素も含まれているので、オナニーを沢山すれば必要な栄養素も排出してしまい、吹き出物(ニキビ)ができる原因になると考えたのかもしれないな。


ただ、それを信じて「ニキビができるからオナニーを我慢する!」と、我慢をしてしまうと精神的なストレスが溜まってホルモンバランスを崩し、余計に吹き出物(ニキビ)ができやすくなってしまうという、本末転倒なことになるから注意してほしい。


オナニーのやり過ぎで遅漏になる可能性が高い?


オナニーのやり方は人それぞれだが、ペニスに負担をかけるオナニーを続けると遅漏などの射精障害になってしまう場合がある。


強い力でペニスを握って扱いたり床オナをすると強い刺激を得られるが、それに慣れるとセックスの時に膣での快感が薄れてしまい射精に至らなくなるというものだ。
他にも、過激なプレイをしているAVばかり見てオナニーをしてしまうと遅漏になりやすいと言われている。これはAVで得た性的興奮が基準になってしまうためだと言われている。


AVは過激な演出や演技で視聴者の興奮を煽るものが多いが、それを実際のセックスでやろうとするとかなりの確率で女性に嫌がられる。
AVはAVと割り切って見ておかないと、セックスをする時に思ったような興奮が得られず萎えてしまったり、なかなかイケなくなってしまうので注意が必要だ。


強い刺激でしかイケなくなった場合は、オナニーをする間隔を少し空けて感度を高めてから、ローションを使ったり緩めのオナホなどでケアしてみると良いだろう。


オナニーの適正回数は週何回?


メンバーの中には1日3回は必ずするという者から3日に1回と決めている者、週に2回くらいという者まで様々だったのだが、調べてみると次のようなことが分かった。

男性の体内での精子の生存期間はおよそ3日。それ以上ためると、死滅精子(非運動精子)が増えてしまいます。
古い精子は、新しい精子を痛めつけ、精液全体の質を下げます。
新しく元気のいい精子が次々と送り出されるほうが、妊娠には有利です。
マスターベーションでいいので、溜めずに射精することが元気な精子を保つポイントです。[引用元:FNN PRIME


精子というのは毎日作られるものだが蓄えておける量には限界がある。人によって多少のバラつきはあるが、おおよそ3日で容量がいっぱいになってしまうため、それ以上の精子は体内に吸収されてしまうんだが、必ずしも古い精子から吸収されるわけではないんだ。


出来たての精子が体内に吸収され、古い精子が残ることになると精子全体の質が下がってしまうので、常に健康な精子を体内にストックしておくためには、少なくとも3日に1度はオナニーをしたほうが良いということになる。


オナニーをしない期間が7日間より多い場合は、精子の前進性・臨床妊娠率・出産率が他の人と比較して有意に低い結果になるという論文もあるので、オナニーの適正回数は週に1~3回くらいと考えて貰っていいだろう。


他にも米ハーバード大学公衆衛生大学院のジェニファー・ライダー氏らの研究では、「月に21回以上のオナニーが前立腺がんの予防になる」という研究結果を発表している。
精子の代謝を良くして、常に健康な精子をストックさせておくには適度なオナニーは必要という訳だな。


まとめ


オナニーはペニスに負担のかかるやり方でなければ、ある程度は問題ないだろう。ただ、1回のオナニーで100mダッシュ1回分の体力を消耗するという話もあるので身体への影響はゼロとは言えない。


また、強い刺激だけでなく長時間の勃起もペニスに負担がかかるので気を付けたほうがいい。
「ペニスを労りつつ、3日に一度くらいのペースで気持ちの良いオナニーをするのがベスト」と覚えておけば完璧だな。