マスタベルグ男爵マスタベルグ男爵

「オナニーは、危険な方法で長期間続けると障害を起こしてしまう場合もある。
ここでは、”正しいオナニー”について話していこう」

正しいオナニーと言われても…

オナニーは誰から教わるという訳でもないので、ほとんどの人が我流なのかもしれない。
AVやエロ漫画などでやり方を学んだという貴兄もいるだろう。

オナニーをする時は「ペニスの竿の部分を握ってしごく」というのが一般的だと思うが、ペニスを強く圧迫するオナニーを続けてしまうと、強い刺激が無いとイケないなどの射精障害になってしまう恐れもあるから注意が必要だ。

他にも「寸止めオナニー」や床に押し当てる「床オナ」なども、ペニスに負担がかかり過ぎるものは正しいオナニーとは言いにくい。衛生的て負担の少ないオナニーこそが正しいオナニーと言えるだろう。


ここに気を付けておけば大丈夫だ

ペニスへの負担を少なくさせるには、セックスをする時の状態にに近い刺激が良いと言われている。
ローションなどて摩擦を少なくして、優しくシゴくのがベストだ。

他にもこんな点に気を付けておいて貰いたい。


ペニスを握る時の強さ

オナニーする時の刺激は大きいほど気持ちが良いが、人はより強い快感を得るために強い刺激を求めてしまうものだ。
例えば、今まで3の力でペニスを握ってオナニーしても気持ちよかったものが、4か5くらいの力を入れないと気持ちよさを感じなくなるということがある。

そんな感じで、5→6→7とペニスを握る力を強めていくと、負担がかかってしまい射精障害になる可能性が高くなってしまうので気を付けよう。

床にペニスを押し付けて行う「床オナ」も大きな負担がかかるので要注意だ。
ペニスへの負担が大きいオナニーに慣れないためには、オナニーの間隔を空けたりオナホを使うなど、オナニーのバリエーションを変えてみるのも一つの方法だぞ。


キツ過ぎるオナホは注意

上でペニスの負担を減らす為にオナホを使うと提案したが、オナホにもソフトなものとキツいものがある。負担を減らすためにはいわゆる「ゆるふわ系」のオナホをオススメしたい。

キツめのオナホを使い続けると、手でのオナニーと同様によりキツいオナホでしか快感を得られなくなる可能性がある。
キツめのオナホで刺激が足りないと感じたら、手の場合と同様にオナニーの間隔を空けてみるといい。


寸止めオナニーにも注意

寸止めオナニーとは、射精感を感じたところで一旦オナニーを止めて、落ち着いたらまた刺激してを繰り返して、少しでも長くオナニーを楽しんで大きな射精感を得ようとするオナニーだ。

実際、しばらくイキそうになるのを我慢してから射精すると、そのままイクよりも開放感・射精感が違うので「オナニーと言えば寸止め!」という人もいるかもしれない。

ただ、無理に射精を止めることで精子が膀胱に逆流して膀胱炎になったり、前立腺炎や射精障害になる可能性も高くなってしまうんだ。

今、寸止めオナニーが習慣になっているなら別のオナニーに切り替えていくか、ゆるめのオナホを使ったり厚めのコンドームを付けて刺激を抑え、イクまでの時間を長くするという方法もあるぞ。


他にもある注意すべきオナニー方法

上で紹介したもの以外にも気を付けて欲しいのが「足ピンオナニー」だ。
射精する時に背中を反らせたり、腹筋や足に力をいれて全身を緊張状態にしするオナニー方法だな。

これも全身を緊張状態にさせないとイケなくなったり、セックスの時にイケないなどの射精障害になる可能性があるので、習慣化するのはおすすめできない。


グッズを使うときも注意してくれ

オナホやアナニーに使うエネマグラなど、オナニーグッズにはケアが必須と言っていい。
オナホやローションを温めたり、オカズを準備する時はテンションが上がるものだが、オナニーが終わった後の賢者タイムにグッズを洗うのは面倒だしなんだか虚しいものだ。

だが、洗わずに放置しておくと雑菌の住処になってしまう。特に夏場は刺激臭を伴って、洗っても使う気が起きなくなるレベルだから気を付けた方が良い。

水洗いよりも中性洗剤を泡立てた洗面器などの中に入れて優しく洗うのがベストだな。
アダルトグッズを扱うネットショップでは、ケア用品も扱っているのでチェックしておくのもいい。

「ケアなんて面倒だ」という貴兄は、使い捨てのオナホもあるので、そちらをおすすめしたい。


まとめ

いろいろ話してきたが、まとめると「なるべく、ペニスに負担の少ないオナニーをしよう」と言うことだな。この記事が自分のオナニーを見直す切っ掛けになれば幸いだ。