マスタベルグ男爵マスタベルグ男爵

ローションを使うだけで、いつものオナニーより数倍気持ち良くなるぞ

ローションオナニーは良いものだ


ローションを使ったオナニー


手でしごくスタンダードなオナニーとは、ちょっと違った気持ち良さが欲しいと思ったことはないだろうか?そんな時には、ローションを使ってみてほしい。いつもとはちょっと違ったオナニーが手軽に楽しめるぞ。

ローションというとオナホなどの潤滑剤として使ったり、風俗のお姉さんが使うものというイメージがあるかもしれないが、ローション単体でオナニーに使っても充分気持ち良くなれる。

私も初めてローションを使ったときは「ヌルヌルになるだけで、感じ方がこうも違うのか?」と、ちょっと感動してしまったほどだ。

ローションをたっぷり絡めながら指先で刺激すると、舌で愛撫されているような気持ち良さがあるし、竿を優しく握ってしごくとオナホを使っているような快感を得られる。

自分のゴツゴツとした指や掌をローションまみれにすることで、女性のような柔らかさを纏うのだ。
これはなかなかの衝撃だったぞ。

そんなローションオナニーについて語っていこうと思うので、興味ある貴兄は是非とも読み進めて行ってほしい。


ローションには色々な種類があるぞ


ローションオナニーの方法を話す前に、ローションの選び方について少し語っておこう。
「え?ローションなんて何でもいいんじゃないの?」と思う貴兄もいるだろう。私もローションオナニーに興味を持つ前は、ローションに色々な種類があるなんて知らなかった。

ローションは主成分によってタイプが分けられている。それぞれメリット&デメリットがあるから用途によって使い分けるのがベストだ。


グリセリンタイプのローション

「グリセリン」を主成分にしたローションだ。このタイプは、水に溶けやすく洗い流しやすいという特徴がある。浣腸をするときの浣腸剤や目薬など、医療用にも使われる成分なので安全性が高い。

ただ、他の成分のローションと比べて価格も高いので、頻繁&大量に使うのはあまりお財布に優しくない。


ポリアクリル酸ナトリウムタイプのローション

「ポリアクリル酸ナトリウム」が主成分のローションだな。ネット通販などで適当に選んでローションを買うと、これが主成分の場合が多い。

安価なので量を気にせず使えるのが良いが、洗い流しにくいというデメリットがある。また、肌の水分を吸収しやすい特徴もあるので、使ったあと乾燥肌になりやすいという点も知っておいてくれ。


シリコンタイプのローション

「シリコン」を主成分にしたローションは、オイルのような滑らかさだがベタつかない手触りが特徴だ。乾きにくく長持ちするためアナルプレイ用によく利用されるが、シリコンタイプのローションは洗い流しにくいことと、シリコン素材のグッズと相性が悪いことを覚えておいてくれ。

シリコン素材のオナホやコンドームなどに使うと、化学反応で表面が溶けて異臭がする可能性があるんだ。ただ、触れたら即溶け出すという訳ではなく、普通の使い方をしていれば溶解する可能性はかなり低いので、あまり神経質にならなくてもいいだろう。


カルボマータイプのローション

カルボマータイプのローションは、基礎化粧品などに使われる「カルボキシビニルポリマー」という合成ポリマーを主成分としているものだ。

化粧品にも使われているように、この成分には肌のツヤを良くしたり透明感を出す効果がある。ただ、これは肌の質を良くしている訳ではなく、表面に薄いビニールコーティングをしているためそう見えるのだ。

この効果はローションに最適で、潤滑剤として滑らかで使いやすい上に、肌に浸透しないので洗い流しやすいという特徴がある。
粘度が低くサラサラしていて、乾きやすいので長時間のプレイや激しいプレイには向かないが、手軽に使いたい場合はおすすめだな。


ローションのおすすめは?

4つのタイプのローションを紹介したが、ローションオナニーで使うときにおすすめしたいのは「ポリアクリル酸ナトリウムタイプ」のローションだな。

粘度もそこそこあって少量でも糸を引くくらいなので、多くの人が持つローションのイメージ通りのものと言っていい。ローションのブランドで有名な「ペペローション」のスタンダードなものもポリアクリル酸ナトリウムタイプだ。ただ、上でも挙げたように洗い流しにくく皮膚の水分を吸収しやすいので、使ったあとは念入りに洗い流すようにしておこう。

安全性が高く洗い流しやすい「グリセリンタイプのローション」もおすすめしたいところだが、粘度も低く価格も高めなのでオナニーよりも、セックスの時に濡れにくい女性のために使うと良いだろう。

次はローションオナニーのやり方について話していくぞ。


ローションオナニーを指南するぞ


ローションオナニーはベタつくこともあってする場所を選ぶ。ベストなのは風呂だが、部屋でする場合はレジャーシートを敷いた上にバスタオルを敷いたりなどの対策が必要だ。

風呂がベストな理由は洗い流すのが楽という以外にも、ローションを人肌に温めたり薄める時に都合が良い。風呂桶にローションを入れて、少し熱めのお湯とまぜていい感じの粘度にすると気持ち良さがアップするんだが(個人の感想です)、これを部屋でやろうとするとかなり面倒なのだ。

「温めるならレンジでいいじゃん」と思ってしまうかもしれないが、温め加減が分からず火傷してしまう可能性もあるのであまりおすすめしない。

ポイントは、「汚れても良い場所でする」「ローションは温めて使うとより良い」ということだ。

温めたローションを手に取り、まずは乳首をヌルヌルにしてみよう。乳首は女性だけでなく男性も性感帯なので、ヌルヌルの手で優しく刺激すると舐められているような快感で、興奮がグッと高まる。

その後、ローションを足しながらペニスをローションまみれにしていくと、触っているだけでも気持ち良いのだが、竿をしごきながら亀頭の裏側にある「裏筋」を優しくなぞってみよう。

指が触れるか触れないかくらいの圧力で上下にゆっくり刺激していくと、舌で舐められている時のような快感が迫り上がってくるだろう。さらに、竿をしごきながら親指の腹で「カリ首」を刺激すると更に快感が増す。

初めてだと力加減が難しいが、慣れてくるとあっという間に射精してしまうくらいの気持ち良さがある。「え?俺って早漏?」と思ってしまうほどだ。

普通のローションオナニーに飽きてきたら、薄いガーゼ手袋をつけてすると、ヌルヌル感と手袋の適度なザラザラ感が、新しい快感を教えてくれるから、是非試してほしい。


まとめ


ローションオナニーは、普通に手でしごくだけのオナニーよりも、かなりの気持ち良さを実感してもらえるものだと思う。ただ、その気持ち良さから病みつきになってしまう者もいるが、終わったあとのケアを忘れなければ、いつでも安心して楽しむことができる。
まだ、ローションオナニーを試したことがない貴兄は、今までにない快感に衝撃を受けてみてくれ。