テンガット侯爵テンガット侯爵

オナホは温めてこそその真価を発揮するぞ

冷たいオナホは冷ご飯のよう


ヒエヒエのオナホにペニスを挿入する…、ナゼか虚しい気持ちになりますな。夜遅く仕事から帰ってきて、コンビニ弁当を温めずに食べている時と似たような感覚。

オナホも弁当も温かい方が良いのです。オナホが温かければ、より女性の膣感がありますし興奮も高まります。

個人的な感覚かもしれませんが、人肌程度に温めたオナホはヒエヒエのオナホよりも、肌への吸い付きが良いような気がします。オナホは油分が多めですから、実際そうなのかもしれませんが、温めたほうが気持ち良いことは確かですな。

今回は、「オナホを人肌程度に温めるにはどうするか?」について話していきますぞ。


オナホを温めるには?

オナホは温めて使うものである

ネット界隈をいろいろ見てみると、オナホを温めることに奮闘している人たちがたくさんいることに驚きますな。

赤ちゃん用のおしり拭きを温める製品を使ったり、レンジでチンをしてみたりと方法はいろいろですが、中には気を付けておかないと危険なものもあるので、事故やケガの無いように試してみましょう。


オナホ専用ウォーマーでオナホ温め

温かオナホの良さが広まったことで、グッズメーカーもオナホ専用の温めグッズを販売しています。
ただ、あまり安価なものだとオナホがきちんと挿入できなかったり、温度が上がりすぎてオナホ内部が挿入どころじゃなくなったりという場合があるのです。
購入の際は、販売サイトの購入者レビューをしっかり読んで、納得してから購入するのが良いですぞ。


電子レンジでオナホ温め

「温め」と聞いてすぐ思い浮かぶのは、電子レンジではありませんかな?
確かに、電子レンジでもオナホは温めが可能なのですが、オナホによって温め時間が違うので、丁度良い温かさになる設定時間を探すのがなかなか面倒なのですな。
「入り口は丁度良い温かさでも、奥が火傷するくらい熱かった!」、なんてことはよくあります。
10秒では熱すぎるし、5秒じゃすぐ冷める…という微妙な感じなので、ベストな設定時間が分かるまでチャレンジ出来る人は、試してみると良いでしょう。
火傷しないように十分注意してくだされ。


家電でオナホ温め

上で挙げたように「赤ちゃんのおしり拭き温め器」を使う以外にも、電気毛布で巻いてみたり、ヨーグルトメーカーにいれてみたりといろいろな家電を使ってみるのもアリですな。
ただ、この方法はお金がかかるのが難点です。
下手をすると、オナホよりも温め器を買うほうが高いなんてこともあるので、お財布に余裕がある人は、チェックしてみるとよいですな。


お湯でオナホ温め

一番お金がかからず、一番簡単なのがお湯で温める方法ですな。
お湯を張った湯船にオナホを放り込んでおいて、10分ほどしたらお風呂に入りがてらオナニーもする、というのが一番楽かもしれません。ついでに、ローションも放り込んでおけば尚良しです。
100均やホームセンターでオナホ温め専用に使う鍋を買ってきて、50℃くらいまで沸かしたお湯にしばらく漬けておくという方法も良いですな。


まとめ


オナホの温めについて、いろいろと挙げてみました。

電子レンジはベストの温め時間が分かれば、一番便利な温め方法といえるのですが、時間を調べている間に温めすぎて火傷をしたり、オナホが熱で変形したりと、トラブルが起こる可能性も高いので「是非、やってみるのですぞ!」とは言いにくいのですな。

一番のおすすめは、最後に挙げたお風呂で温めですな。一番安全で、片付けも楽なのではないでしょうか。一度、人肌まで温めたオナホを使ってしまうと、冷えたオナホには戻れません。魅惑の温かオナホですが、温めの際は十分注意して望んでくださいませ。