ドゥーティ侯爵ドゥーティ侯爵

オナニーと健康の関連性について話してみようか

オナニーすると頭が悪くなる?

オナニーと健康の関係を紐解く

「オナニーすると頭が悪くなるぞー」
この言葉、どこかで聞いたことはないだろうか? 私は誰に言われた訳でもないのに、聞いた覚えはあるんだ。

友達との会話?ネットの掲示板?
当時、毎日オナニーをしていた私は、一瞬ビクッとなったが「まぁオナニーしなくても頭悪いし」と開き直っていたものだ。

数年経って、オナニーと健康について調べてみようと思った時に、またこの言葉がふと浮かんできた。

「オナニーって本当に頭悪くなるのか?」

調べてみると、オナホで有名な企業「TENGA」が面白い調査をしていた。東大、慶應、早稲田などを目標にしている受験生に「受験とオナニーのアンケート」を行っていたんだ。
引用:TENGA社「受験とオナニーのアンケート」

これによると、受験に合格した人の8割近くが、「3日に1回以上のオナニーをしいてる」と回答していた。

この結果が「オナニーをする=バカになる」を完全に否定できるとは言わないが、少なくともオナニーをしていても合格できるほどの能力を維持できるのは事実だろう。他にもあれこれ調べてみたのだが、医学的な根拠は見付けることが出来なかった。

ただ、オナニーをやり過ぎたりペニスに過度の負担がかかるオナニーを頻繁にすると、勃起障害や感染症になる可能性がある。もしかすると、「オナニーすると頭が悪くなる」というのは、オナニーのやり過ぎを抑制するために生まれた言葉かもしれないな。

いろいろ調べたお陰で、オナニーをしても頭が悪くなるとは思わなくなったが、やり方や回数には気を付けねばならないことも分かった。

これでオナニーと健康について調べられるというものだ。


男性にとってオナニーが健康に良い点


「オナニーをすると頭が悪くなる」について調べていた時に、オナニーが健康に害を及ぼす可能性も分かってきた。集中力の低下や、床オナ・足ピンオナニー・キツいオナホや強く握ってしごくオナニーなどで膣内射精障害になるなどだ。

一部では「オナニーのし過ぎでハゲる」という情報もあったが、これは信憑性が低いようだな。オナニーに対してネガティブな情報はこのようなものだった。逆にオナニーは健康に良いという情報も見てみよう。


オナニーと健康1:ガンの予防効果

オナニーには前立腺ガンを予防する働きがあるようだ。

アメリカの医学誌に掲載された論文によると、中年男性のオナニー回数が月に7回以下の人と21回以上の人を比較したところ、月に21回以上オナニーをしている人の方が、前立腺ガン発症リスクが半分になるという結果が報告された。

ただ、なぜオナニーをしていると前立腺ガンのリスクが減るのか?という理由については、まだ分かっていないようなんだ。

成人の男性は約3日で新しい精子が作られるが、適度にオナニーをすることで前立腺内に溜まる老廃物や古い精子が排出されるので、炎症やガンなどになりにくくなるのではないかと言われている。


オナニーと健康2:性的機能の向上

オナニーと健康の関係を紐解く

ペニスの機能は年齢と共に低下していくもの…、これを放置してしまうとペニスの機能も低下してしまうので、EDになる可能性も高くなってしまう。

成人男性は、一般的に3日ほどで新しい精子が作られ、精巣上体管という1本の細長い器官に溜められていく。

オナニーをしなくても、毎日精子は作られるので精子はどんどん溜まっていくが、古くなった精子は分解され体内に吸収されていくので、古い精子を排出するためにオナニーをする必要はない。

ただ、射精をしない状態が続くと精子を作る機能も低下し、精巣で作られる男性ホルモンも減少してしまうんだ。そうなるとセックスをするパワーも衰えてED気味になり、男性としての魅力も削がれることになるんだ。

オナニーをしている場合でも、ペニスを強く握ってしごいたり、床などに擦り付けて行ういわゆる「床オナ」はおすすめできない。ペニスに大きな負担をかけるオナニーを継続的にしていると、膣内射精障害などになってしまう恐れがあるからだ。

性的機能の向上や低下を防止するためには、ペニスに負担をかけ過ぎないように、緩めのオナホやローションなどを使って適度なオナニーが有効ということだな。


オナニーと健康3:免疫力を高める

「オナニーで免疫力がUP!」と聞くと胡散臭さすら感じてしまうが、どうやら本当のようだ。

オナニーをすることで、「コルチゾール」の分泌が増加するのがその理由だ。コルチゾールとは、副腎の周囲にある副腎皮質から分泌されるホルモンの一種で、抗炎症や免疫抑制や脂肪の分解、タンパク質の代謝など身体にとって必須のホルモンのことだな。

オナニーによってこのホルモンの分泌が多くなると、免疫力が上がり血中の白血球も増加するため、風邪の予防や治癒力UPの効果もあるのだ。


まとめ


今まで何となく「オナニーはあまり身体に良くないんじゃないか?」と思っていたけど、どうやら適度にやる分には問題ないどころか身体にプラスの効果がありそうだ。

ただ、問題もあった。ペニスに大きな負担をかけるオナニーは、止めておいたほうが良いということだな。

今日紹介したメリット以外にも、ストレス発散やうつ病のリスク軽減など、オナニーにはいろいろな恩恵がある。いつまでも気持ち良い射精が出来るように、適度なオナニーを心掛けよう。