エディ伯爵エディ伯爵

早漏改善トレーニング

どれくらいでイッたら早漏?

早漏改善トレーニングだ

日本の成人男性の3.5人に1人が早漏で悩んでいると言われているが、そもそも早漏とはどれくらいの早さで射精することを言うのだろうか?

もしかすると、自分で早いと思っているだけで早漏ではない場合もあるかもしれない。
ここでは、早漏の定義について話していこう。


医学的な早漏の定義とは

一番明確な早漏の判断方法と言ってもいい、医学的な見地からの定義だな。早漏治療の対象となる定義は以下の通りだ。

1:セックスの際に、挿入前に射精してしまう。または、挿入後1~2分以内に射精してしまう。
2:膣内挿入時に、射精をコントロールできない。
3:セックスが苦痛と感じたり、欲求不満が溜まったり、セックスに対して消極的になる。

これらに当て嵌まる人は、早漏症と考えていいだろう。
ただ、ここで早漏に当てはまっていても気にしない女性もいるし、5分で射精しても「早くない?」と言われる事もあるんだ。

女性へのセックスに対するアンケートの結果などを総合すると、挿入してから10分ほどで射精するのが理想とされているようだな。

早漏、または早漏気味だと自覚している人は、10分を目処にトレーニングしてみるといいだろう。トレーニングを続けても一向に早漏が改善しないという場合は、思い切って医師に相談してみることをおすすめする。


早漏の改善方法


早漏には、性的興奮が高まり過ぎて射精が早まる場合と、亀頭が敏感過ぎてしまう場合などがある。

興奮し過ぎて早漏になってしまう場合

興奮し過ぎてしまう場合については、興奮を抑えるトレーニングをすればいいのだが、抑え過ぎてしまうと今度はペニスが萎えて、中折れ状態になってしまう。

興奮を抑えるためには、頭の中で計算をしたりセックスとは関係ないことを考えたりすると良いなんて意見もあるが、女性は「この人、別のこと考えながらセックスしてる?!」と簡単に見抜いてしまうんだ。

ではどうするのか?、これは私が実践している方法で、もしかしたら効果の無い人もいるかもしれないので、参考程度に聞いてくれるといい。

私が、セックスの時に興奮し過ぎてしまう場合は、パートナーを観察するようにしている。
「パートナーも興奮しているのか?」「こうした時の反応はどうだろう?」「ここは気持ちよさそうな反応だな」など、気持ち良くさせる方法を試行錯誤して試し、その反応を見てみるんだ。

雰囲気に包まれてセックスをするのもいいが、それで興奮し過ぎてしまう場合は、相手を観察しながら次の愛撫を試行錯誤することで少し冷静になれる。別のことではなく相手のことを考えているから、女性も違和感を覚えないという訳だな。

相手を思いやる愛撫をされて嫌な女性はいないだろう、早漏が改善されること以外にもメリットがある方法なので、是非一度試していただきたい。


亀頭が敏感過ぎてしまう場合

亀頭が敏感過ぎて早漏になってしまう場合の改善方法は、「亀頭の感度を下げること」「射精をコントロールする筋肉を鍛えること」だな。

亀頭が敏感過ぎて早漏になっている人が一番手早く改善する方法は、厚めのコンドームを着けることだな。最近のコンドームは極薄が多く、0.01mmなんてものもあるが、逆に厚いものだと0.1mmというのもある。

かなり感度が落ちるのでおすすめだぞ。厚手のコンドームに関してはこちらの記事でも紹介しているので良かったら読んでみてくれ。



射精をコントロールする方法は、「柔らかめのオナホを使ってスローオナニーをしてみる」ことと、「PC筋とBC筋を鍛える」ことだ。

「ゆるふわ系オナホ」とも呼ばれる柔らかめのオナホは、気持ち良いが低刺激だ。挿入してもしばらくは動かさずに、中の感触を味わうようにしてみよう。

ペニスがジワジワと気持ち良くなって来たら、ゆっくりとしごいていくのだが、この時にできるだけ射精を我慢してみよう。時間を測ると尚良いな。

初めは短いと思うが、徐々に刺激に慣れて射精までの時間が長くなってくるだろう。気を付けるのは、しごくスピードはゆっくりのままにすること、そして「射精が始まったら無理に止めないこと」だ。

射精を途中で止めることを繰り返すと、最悪「逆行性射精(精液が逆流してしまう)」になる可能性があるので注意してほしい。

PC筋とBC筋は、勃起した時にペニスに集まった血液を逃さないように留める筋肉と、ペニスに血液を送るポンプの役割をする筋肉のことだな。この筋肉を鍛えることで、射精しそうになった時にグッと踏ん張ることができる。

やり方は、座った状態でも立った状態でもいいので、【肛門をゆっくり締める】→【そのまま5~10秒キープ】→【ゆっくり脱力】を1セットとして、毎日5~10セット行うというものだ。



このトレーニングを続けることで、射精までの時間を伸ばすことができるんだ。他にもこの筋肉を鍛えておくと、射精の時の快感が強くなったり硬さが増したりするのでおすすめだぞ。


まとめ


早漏は成人男性の多くが悩むことでもある。今日紹介した改善方法が、全ての人に効果があるとは言えないが、試してみる価値はあると思う。

自分が早漏だと悩み続けると、それがストレスになり最悪EDになる可能性もある。セックス自体を拒否するようになるかもしれない。そうなる前に、出来るところから改善してみよう。