マスタベルグ男爵マスタベルグ男爵

射精とは違った快感が味わえるという「潮吹き」について話していこう

潮吹きってなんだ?

「潮吹き」というと、女性がイクときやイッている最中に出るものというイメージがかもしれない。
AVなどを観ていると潮吹きは女性だけのものと思いがちだが、男性でも潮吹きをすることは可能だ。

男性の場合も女性と同じように透明な液体が出る。射精をしたときの快感とはちょっと違った気持ち良さがあるため、一部の風俗店では潮吹きをさせてくれるサービスを行う店舗もある。

ちなみに、「潮吹き」の由来は鯨の潮吹きのさまに似ていることからきている。英語では、Squirting又はFemale ejaculationという。(参考:Wikipedia

男の潮吹きに興味はないか?


潮吹きの仕組み

射精以外で性的快感を得られる潮吹きだが、なぜ潮吹きをするのか?ということについては実はよく分かっていないんだ。

女性の潮吹きに関しては、論文なども出ていてある程度は解明されてきているが、男性の潮吹きは尿なのか前立腺などで作られる体液なのかも分かっていない。
ただ、男性が潮吹きをする方法はある程度分かってきているので、自分でも潮吹きを試すことは可能だ。

個人差があるので正しい方法でしても潮吹きができない場合もあるが、一度成功すると次からは潮吹きしやすくなると言われているので、前立腺の開発のように「潮吹き開発」をするのがおすすめだ。
焦らずじっくりやってみてくれ。


潮吹きって気持ちいいの?

潮吹きの快感は射精とはちょっと違うと書いたが、「我慢していた尿を出している時の気持ち良さ」をイメージしてもらうといい。
射精と違って潮吹きの場合は尿のようで尿ではないもの(水分と少量の前立腺分泌液と言われている)が出るので、射精の快感よりも排出の気持ち良さに近いんだ。

他にも、潮吹きが終わったあとで、下半身にじわじわとした爽快感が残るという所にも違いがあるな。
射精した時は、プロラクチンという物質が興奮を急激に下げてしまうため、急に冷静さを取り戻してしまう時間、いわゆる「賢者タイム」が訪れるため、快感の余韻を長く感じられない場合が多い。

潮吹きのあとはそれが無く、ポジティブな快感の余韻が残るのが大きな違いだろう。

ただ、気持ち良さを感じられるかには個人差がある。
初めての潮吹きで射精よりも気持ち良いと感じる人もいれば、回数を重ねる毎に気持ち良くなっていく人もいるので、イマイチ気持ち良さを感じられなかった場合は、何度か試してみることをおすすめしたい。


男の潮吹き指南


ここからは潮吹きオナニーの手順を紹介していこう。
他のオナニー方法と同様、準備から始めていくぞ。

潮吹きオナニーの準備

潮吹きオナニーは、尿を出す時の感覚で潮を吹く。この時、肛門の力を抜いたほうが潮吹きをしやすくなるので、間違って便を漏らしてもまわないように、事前にトイレに行っておくといいだろう。

また、水分を多めに摂っておくことも潮吹きがしやすくなるので、無理のない範囲で飲んでおこう。

用意できるならローションもあったほうがいい。アナル用のローションや、女性向けの潤い成分が配合されたローションだと、乾きにくいので、亀頭を刺激するときに負担が少なくなるのでおすすめだ。

潮吹きの手順

潮吹きをする方法は、射精後の亀頭を刺激するやり方と前立腺を刺激するやり方がある。
どちらも潮吹きは可能だが、前立腺の開発も必要になるので、初めての人は射精後の亀頭を刺激する方がやりやすいだろう。

ここでは、亀頭を刺激する方法を紹介してくぞ。

まず普通にオナニーをして射精をしよう。
ペニスが敏感な状態で、少し興奮が治まって来ているかもしれないが、ローションを多めに手に取って亀頭を中心に濡らしていこう。

オナニーのときは竿の部分をしごいていたと思うが、潮吹きの場合は亀頭の先が出るように竿を握って、もう片方の掌で蓋をする感じで亀頭に置く。

男の潮吹きに興味はないか?2

掌で円を描く感じで亀頭を刺激していくと、急に尿意が湧いてくるのでそこで我慢せずに身を任せ、尿を出すように力を入れると潮吹きができる。

文字で書くとこれだけのことだが、射精後のペニスを刺激するの気持ち良さよりも苦痛を感じてしまうかもしれない。ローションを使うことで多少は和らげることができるが、腰が引けてしまって断念する人も少なくないんだ。

潮吹きを行う風俗店でプロの手解きを受けるという方法もあるが、風俗に行ったことのない人にはなかなかハードルが高いので、ここは我慢して刺激を続けていこう。

トイレ以外の場所で尿意を感じても、無意識に我慢してしまう人がほとんどだと思うが、そこで我慢が勝ってしまうと潮吹きに至らないので、下半身を弛緩させリラックスして尿意を開放させるようにすると潮吹き成功率がアップするぞ。


注意すること

亀頭はもともと外部からの刺激に敏感な場所だが、射精後はさらに敏感になる。潮吹きのためにあまり長い時間刺激すると、終わったあとも亀頭にヒリヒリとした痛みが残ることがある。

ローションをたっぷり付けることも大切だが、5分ほど続けても潮吹きができない時は、日を改めて挑戦するほうが亀頭への負担が少ない。

また、頻繁に潮吹きオナニーをして亀頭を刺激し続けると、遅漏になってしまってセックスのときになかなかイケなくなってしまうので気を付けよう。


まとめ


潮吹きオナニーは、なかなかハードルの高いオナニーではあるが、興味ある貴兄には是非挑戦してもらいたいと思う。

しっかりと準備して、射精から潮吹きまで無理なく行えるようになれば、快感の幅が更に広がることは間違いない。やりすぎには注意して、気持ちの良い潮吹きを体験してほしい。